デジタルカメラの利点


従来までの、フイルムで撮影していたカメラと違い、デジタルカメラはICチップなどの記録媒体を使い簡単に画像を取り込み、またその場でも簡単に消去できるようになりました。これまでのアナログカメラでは、フイルムが必要であり、用途によってはフイルムのトレードも変える必要があったのです。

デジタルデータしかも、撮り終えたフイルムは現像に出さねばならず、さらに現像したネガをもとに写真に焼き付けを行う必要がありました。デジタルカメラはこうした問題を克服し、フイルムを必要としないため、大幅なコストダウンと大量に写真を撮っても失敗した写真は次々と消去でき、保管場所もあまり必要としません。また、画像データはデジタルデータですので、パソコンに取り込み様々な加工も簡単に行うことができ、やり直しも簡単に行うことができます。

デスクさらに、動画や音声なども記録することができ、メールを始めウエブ上のブログなどにも、簡単にアップロードできるようになりました。ただし、こうした利点のほかにも欠点が存在することを忘れてはなりません。デジタルカメラには電源が必ず必要で、低温や湿気などにも非常に弱く、画素数によって画質の詳細さが変わってくるのです。続いては、ミラーレスカメラについて紹介します。