ミラーレスカメラ


デジタルカメラの世界は、デジタル一眼レフのような高性能カメラと、コンパクトカメラのように手軽に持ち運びできるようなカメラに、住み分けが進んでいます。ミラーレスカメラとは、デジタル一眼レフカメラから、レフレックスファインダーを取り除いたもので、通常の一眼レフよりもさらにコンパクトと認知されていますが、明確な定義は存在しないようです。

ミラーレスカメラこのレフレックスファインダーとは、従来のカメラにある構図やピント合わせを行う上で必要だったのぞき窓で、写真撮影する前にこのファインダーを見ながら構図を決め修正していました。ミラーレスカメラには、このようなのぞき窓がなく、代りに電子ビューファインダーや液晶ディスプレイによって構図が確認できるようになっています。また、取り外しのできるタイプのミラーレスカメラもあり、更なるコンパクト化が進むカメラの一つと言えるでしょう。

ミラーレスカメラは、デジタル一眼レフが高性能化する進化の過程で発生したカメラで、デジタル一眼レフそのものが小型化されたとは言え、まだまだ重く、軽いカメラで高性能な写真が撮りたいという需要を持つ顧客を中心に、カメラ市場に受け入れられるようになったのです。最後にデジタルカメラ買換えについて紹介します。